わたしの友人は、とあるブランドの美容アドバイザーとして働いています。

美容を学んでいる友人・知人エピソード

美容を学んでいる友人・知人エピソード

わたしの友人は

わたしの友人は、とあるブランドの美容アドバイザーとして働いています。色々セミナーに通い、美容グッズをそろえ、結構費用がかかったそうですが、今はお店を構えてお客様の美容に役立つようしっかりがんばっています。
彼女が資格を取得するまで、わたしはマッサージの実験によく付き合いました。
フェイシャルマッサージやデコルテなど、さまざまなマッサージの練習台として、時間がある時に彼女の家でひたすらマッサージされました。
その際に「そのやり方は痛い」とか「そこが気持ちよい」など正直に批評しました。
そのおかげで彼女は、同じように美容を学んでいる人たちに比べてマッサージが非常に上手だと評価され、わたしでも友達に役立つことができたんだとうれしくなりました。
お店を開いたあと、そのお店のクチコミに「マッサージがとても気持ちよい」とあり、さらにうれしく思いました。

「人をキレイにすると自分もうれしい!」と話していた友達にとって、美容アドバイザーはまさに天職といっても良いと思います。努力が実ってとても良かったと思います。

私の友達は、美容専門学校で美容について学んでいます

私の友達は、美容専門学校で美容について学んでいます。いつもきれいにしているその友達は、授業で勉強するほか、実践を重ねていることを知りました。
その友達は、芸能人のメイクをする職業に就きたいと思っているようです。

自分がしたいメイクをするだけでなく、いろいろな顔に指定された雰囲気になるようメイクをするためには訓練が必要なようです。
友達は、たまに私にメイクの練習をさせてくれと依頼してきます。新しいメイク術を習得するに、まず自分で試してからほかの人にも試して練習するようです。
簡単なように見えても、その人の肌の状態にも影響されるので、とても難しいようです。

学校ではメイクだけでなく、皮膚がどのようになっているのか、肌の水分量を科学的に分析するなどの美容の基礎から勉強するそうです。
たくさんの化粧品を試したりするので、化粧品情報にとても詳しくなり、私が化粧品を購入する時にはその友達に相談し、口コミを聞いてから購入します。

Copyright (C)2016美容を学んでいる友人・知人エピソード.All rights reserved.