私の友人に会社員を辞めて、デパートの化粧品売り場やドラッグストアなどでビューティアドバイザーとして働こうとしている女性がいます。

美容を学んでいる友人・知人エピソード

美容を学んでいる友人・知人エピソード

私の友人に会社員を辞めて

私の友人に会社員を辞めて、デパートの化粧品売り場やドラッグストアなどでビューティアドバイザーとして働こうとしている女性がいます。小さい頃から化粧品が大好きで、メイクによって自分が変身できる事からどんどんハマリ、いつかはメイクに係わる仕事に就きたいと思っていたそうです。
JMAメイクアップ技術検定やパーソナルカラー検定などの資格を取る為に、日々勉強を頑張っています。
ただ、美容のアドバイスする立場になる側の人間が、お肌がボロボロでは説得力に欠けてしまうという意識を持っていて、普段食事やカラオケに遊びに行っても夜9時くらいにはそわそわし始めて、遅くても10時には帰ります。またキャンプや海水浴、スノーボードなどの屋外のレジャーも参加したくても極力我慢しています。
1人暮らしをしていますので、生活費は切り詰め節約生活していますが、化粧品に対しては新作が出ると惜しみなくお金を使っています。職に就く前から、すごく意識を高く持っている姿は立派だと思います。

Copyright (C)2017美容を学んでいる友人・知人エピソード.All rights reserved.